10.jpg

スタッフブログ

専門性と多様性について

Posted by GRCS | 2019/01/24 17:01:44

 

こんにちは、採用&マーケの向井です。

昨年は大変お世話になりました。
当社も仲間が増えて、1年で37名入社してくれました。社員数も約2倍になり、年度末の11月末時点で81名となりました。オフィスも大変活気づいています。
年末の忘年会も大変な盛り上がりをみせ、その様子は先日こちらのブログでも紹介させて頂きました。

「テクノロジーデシンプルニ」とGRCSと私
https://www.grcs.co.jp/staff-blog/20190110

入社メンバーの職種としてはコンサルティング、エンジニアが多く、みなそれぞれの専門性をもっており、既に各方面にて活躍してくれています。
個性あふれるメンバーを一人一人紹介したいところなのですが、お時間もかかりますので、どういった資格をもったメンバー集まっているかをこちらで紹介させて頂きたいと思います。

 

資格名

保有人数

CISO補佐官

(CISO:Chief Information Security Officer)

18

公認情報システム監査人【CISA】

(CISA:Certified Information Systems Auditor)

8

情報セキュリティマネジメント

7

情報処理安全確保支援士【登録セキスペ】

4

セキュリティプロフェッショナル認定資格制度【CISSP】

(CISSP:Certified Information Systems Security Professional)

4

PCI QSA

(PCI:Payment Card Industry)

(QSA:QUALIFIED SECURITY ASSESSOR)

3

情報セキュリティマネジメントシステム審査員補【ISMS審査員】

(ISMS:Information Security Management System)

3

公認情報セキュリティマネージャー【CISM】

(CISM:Certified Information Security Manager)

2

※「CISO補佐官」は日本CISO協会認定の資格となります。


その他にも公認不正検査士(CFE:Certified Fraud Examiner)CEH(Certified Ethical Hacker)やCRISC(Certified in Risk and Information Systems Control)、ITストラテジストの資格や経営学修士【MBA】、技術経営【MOT】を保有しているメンバーがいます。ITやセキュリティ、GRCに関する資格については60種類以上の資格を保有しています。


これらの専門性をもって、お客さまの課題を日々解決することを営んでいます。

ここまでは専門性という話なのですが、当社の社員は多様性にもあふれています。
キャラクターはオフィスをみればもう十分わかります。
言語については、日本語、英語はもちろんですが、ビジネスレベルでベトナム語やモンゴル語に精通しているメンバーもいます。仏語検定、韓国語検定ももっているメンバーも。
様々な背景をもつ社員が多いので、試しに本業っぽくない資格について聞いてきました。
でるわでるわ。以下一例です。

医療情報技師
心理カウンセラー
キャリアコンサルタント
第一種衛生管理者
秘書検定
国際秘書検定
教員免許
カラーコーディネーター
色彩検定
カラーセラピー
フラワーアレンジメント
ハーブ&ライフ検定
ソムリエ
WSET
衣料管理士
調理師
第二種電気工事士
危険物取扱者 乙種4類

その他、書ききれない、聞いたこともない(すみません)資格も沢山保有していました。

これらのスキルが掛け算されると、とんでもない化学反応がおきるかもと、妄想する午後のある日でした。

おしまい。 

お問い合わせはこちら

Topics: 採用, GRCSについて

Written by GRCS