株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長 佐々木 慈和

株式会社GRCSは、2021年11月18日、東京証券取引所マザーズ(証券コード:9250)へ上場いたしました。

ここに謹んでご報告申し上げますとともに、お取引先様、株主様をはじめ、創業以来ご支援くださった皆様に心から感謝申し上げます。

当社は「テクノロジーデシンプルニ」をビジョンに掲げ、複雑な外部環境リスクから「ガバナンスのDX化」を通じて企業を守ることを目指し事業を展開してまいりました。

近年、社会情勢や外部環境の多様化に伴い、各企業が抱える課題は複雑化していますが、欧米と比較し日本国内においては、ガバナンスの強化やセキュリティ対策等への対応が遅れております。

2009年にG:ガバナンス、R:リスク、C:コンプライアンスを表すGRCという言葉に出会い、それぞれの視点から多様化する外部環境や課題へ対応していくこの考え方が企業の課題解決に大きく貢献できると感じ、事業を立ち上げました。

当社では、日本においても取り組みやすい領域となるよう、GRCに関連性のあるS:セキュリティの視点を加え、また、自社プロダクトの開発を行うことで柔軟なサービス展開を可能にし、情報管理が属人的となり課題の把握・対応が遅れがちなこの領域においてテクノロジーの活用による管理強化・業務効率化に取り組み、企業経営における迅速な意思決定を支援してまいりました。GRC及びセキュリティ領域において起点となる“ガバナンス”のDX化を推進するため、情報管理手法の重要性を啓蒙し、国内におけるGRC市場の確立に努めております。

今後は、日本企業のガバナンス強化による持続的な成長の支援に尽力するとともに、「ガバナンス=GRCS」という新たな概念を築き、リーディングカンパニーを目指してまいります。

株主・投資家の皆様におかれましては、今後ともより一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長
佐々木 慈和