あらゆるリスクを多角的に分析しリスク管理策の進捗状況を一元管理

全社リスクマネジメント推進 国内開発のERMクラウドサービス

あらゆるリスクを多角的に分析しリスク管理策の進捗状況を一元管理

※ 旧「RiskOrganaizer」は「EnterpriseRiskMT(ERMT)」に生まれ変わりました。

リスクマネジメントに対する全社的リスクマネジメントとは

社会情勢の変化や災害発生など、企業は多種多様なリスクを負っています。 企業成長を持続させつつ、取引先・顧客、株主などのステークホルダーに対する責任を果たすためには、様々な粒度でいろいろな分野に潜むリスクを管理する必要があります。

Enterprise Risk MT(エンタープライズ リスク エムティ 以下ERMT)では
多角的な利用を踏まえた全社的リスクマネジメントの提供を目的とし、リスクマネジメントの国際ガイドラインISO31000※1 に準拠したERMツールです。
組織全体を対象にリスクを認識・評価、残余リスクの最小化を図り、重要リスクの対応に優先的にリソースを配分、継続的にリスク管理体制を強化していく一連のプロセスに則ったERM基盤として有効です。
今後求められる有価証券報告書への具体的なリスクの開示、及びリスクの可視化による役員と現場のコミュニケーションの改善とリスク・コミュニケーションの充実・円滑化を支援します。

全社的リスクマネジメントにおいて実務レベルで直面する課題

  • グループ会社や海外法人など離れた場所での不正や不祥事などの管理ができず全社リスクを把握できない

    海外法人など離れた場所での不祥事などの管理が困難で全社リスクを把握できない

  • サイバーセキュリティ等など特定のリスクについてはより細かいレベルでのリスク対応状況の把握を行う必要がある

    サイバーセキュリティ等の特定リスクでのリスク対応状況の把握が困難

  • リスクの分析やコントロールの進捗管理に十分な時間をかけることができない

    リスクの分析コントロールの進捗管理に十分な時間がかけられない

  • 調査票の回収・催促と集計で手一杯

    調査票の回収・催促と集計で手一杯で回収率も低い

  • 工場のリスクと為替リスクを同様に扱う?

    為替リスク工場のリスクを同様に扱う?

  • 使える予算が限られている

    使える予算が限られている

  • 巨大過ぎるExcelをもはや共有できない

    巨大過ぎるExcelをもはや共有できない

  • リアルタイムの可視化や分析が難しい

    リアルタイム可視化や分析が難しい

全社的リスクマネジメントの課題を ERMTが解決します!

クラウドサービスで導入が容易
クラウドサービスのため短期に導入が可能
クラウドサービスで導入が容易
スモールスタート可能なライセンスモデル
リスクマネジメントの国際ガイドラインISO31000に準拠
リスクマネジメントの国際ガイドラインISO31000に準拠
可視化・分析がデータ量に関わらず自由自在
ダッシュボードによるリスクの可視化
クラウドサービスで導入が容易
分析がデータ量に関わらず自由自在

全社的リスクマネジメントERMツール ERMTの特徴

  • 全社的リスクマネジメント基盤での運用

  • リスクアセスメント機能とリスク対応管理機能を実装し継続的改善

  • 実績豊富なSalesforceベースのクラウドサービス

  • 各ユーザーごとのそれぞれの権限に応じた表示が可能

  • リスクマネジメントの階層化・分掌化が可能

1. 全社的リスクマネジメント基盤での運用

ERMTは全社的リスクマネジメントのプロセスを広範囲にカバーし、支援します。

ERMTを用いた全社的リスクマネジメント 運用例

ERMTを用いた全社的リスク管理運用例

2. 「リスクアセスメント機能」と「リスク対応管理機能」を実装し継続的改善

リスクの特定、分析、評価を行う「リスクアセスメント機能」と、リスクの対応策実施のモニタリングを行う「リスク対応管理機能」を実装。

また、全社的リスクマネジメントERMのライフサイクルに沿って、重要リスクに対する取り組みの継続的改善の環境を整備いたします。

継続的なリスクマネジメントERMのためのライフサイクル

継続的なリスクマネジメントのためのライフサイクル

リスクアセスメント機能

リスクの特定、分析、評価を行います。
組織の目的や目標に影響すると考えられるリスク要因を特定し、それぞれの重要度を評価します。

リスク対応管理機能(対応策)

リスクの対応策実施のモニタリングを行います。
組織として特に対策が必要なリスク要因を選択し、責任者と担当者が日々の業務の中で対策を実施します。


3. 実績豊富なSalesforceベースのクラウドサービス

実績豊富なSalesforceベースでのクラウドサービスでどこからでも利用でき、項目などのカスタマイズが可能、普段使い慣れた操作感ですぐに利用することができます。

また、Salesforceのわかりやすい入力画面から、フェーズ毎に情報を簡単に入力することができ、Excelファイルのインポートはウィザードで簡単に実行することができます。

ERMT入力画面イメージ

3. 実績豊富なSalesforceベースのクラウドサービス

4. 各ユーザーごとのそれぞれの権限に応じた表示が可能

システム管理ユーザ以外に「リスク管理者」、「リスクオーナー(部門長)」、「部門ユーザー」など以下のユーザの役割と権限をデフォルトで想定し組み込んでおります。

また、「リスク管理者」、「リスクオーナー(部門長)」、「部門ユーザー」のそれぞれの権限に応じた表示も可能です。

リスク管理部ユーザー
各部門から上がってくるリスク情報の取りまとめ責任者
  • 各種初期設定を行なう
  • ERMTを日常業務に利用
  • ERMTのデータを利用し、上層部に報告を行う
  • 全てのユーザの情報を閲覧できる
リスクオーナー
リスクマネージャーと兼務可能
部門でのリスク情報の取りまとめ責任者
  • 部分的に初期設定を行なう
  • 担当のリスクや対応策の進捗状況について、リスク管理部に定期的にレビューを依頼する
  • 閲覧可能な情報の幅は設定可能
現場部門
(リスクマネージャー)
リスクオーナーと兼務可能
部門でのリスク情報の取りまとめ責任者
  • 部分的に初期設定を行なう
  • 担当のリスクや対応策の進捗状況について、リスク管理部に定期的にレビューを依頼する
  • 閲覧可能な情報の幅は設定可能
現場部門
(担当者)
実際に現場で実務を担当し、リスクを報告・対応する担当者
  • リスク対応においては、ERMT上で、自身が担当のリスクや対策の進捗状況について定期的に報告を行う
  • 自身が関わる情報のみ閲覧可能
モニタリングユーザー
取締役や監査役など、リスク管理・内部監査に対して責任がある立場のユーザー

※その他に「システム管理者」ユーザー


5. リスクマネジメントの階層化・分掌化が可能

分析手法については、リスクマトリックスを標準装備しており、管理するリスクの領域や細かさによって(拠点ごとに別管理する)等、リスクマネジメントの階層化・分掌化が可能です。

また、リスクマップクロス集計など多角的な分析が可能となり、部署別・拠点別のリスク一覧平均との比較など、これまで煩雑になりがちだったリスクの分析をシンプルに行うことができます。

ERMTのダッシュボードのイメージ

3. 実績豊富なSalesforceベースのクラウドサービス

ERMTを使ったリスクマネジメントプロセスのフローイメージ

ERMTは2018年2月に改定されたISO31000:2018に準拠しており、提唱されているリスクマネジメントにおける「プロセス」に則ったERM基盤として有効です。複雑に絡み合う多数のリスクをツール上で体系的に管理できるため、管理作業が大幅に効率化できることに加え、これまで見えてこなかった潜在的なリスクの表面化と対策の進捗状況の可視化を行い、経営における重要な意思決定に活用することができます。


STEP 1 プロジェクトの作成

STEP1: プロジェクトの作成
  • 登録項目にはリスクの表題、使用するリスク分類軸、発生頻度や発生可能性、結果の判断基準など。管理対象となる社内組織や部門や期間なども設定
  • 年度毎(fiscal year)に取りまとめすることも可能
プロジェクト内で使用するリスク分類軸の数は自由に増やせるため、狭いスコープで深く洗い出していくことも、幅広く挙げて行くことも可能

STEP 2 リスクカタログの作成

STEP2: リスクカタログの作成
  • 自組織で想定されるリスク情報をリスクカタログとして準備し、各部門でコピーし、実情に合わせた内容に変更して管理することが可能
  • 既に管理済のリスクについて一括インポートも可能
カタログから、リスクを複数選択してコピーし、自部門のリスクとして管理することが可能

STEP 3 リスクの特定

  • 回答者、回答項目(リスク内容、既存対応策、対象、ステークホルダなど)の洗い出しを実施
  • 回答者へは、メール通知後、画面から入力、またはExcelで質問票を配布し、回答を回収後、手動でツールに取り込み
STEP3: リスクの特定

STEP 4 リスクの分析

STEP4: リスクの分析
  • 各回答者からの結果をツール側で分類、集計
  • 重複や過不足をチェックし、仕分けや必要に応じて再度回答者へ追加入力依頼を実施(発生可能性、結果の重大度なども含む)
1つのリスクに対し、複数の視点、手法での分析情報を登録可能

STEP 5 リスクの評価(承認)

  • リスクマップやクロス集計等の可視化機能を使い、発生可能性と重大度からはじき出すリスクレベルなどの結果を表やグラフで可視化
  • 経営層の判断も踏まえ、組織としてのリスク対応方針と重要リスクを判定し、対応計画の立案根拠を整理する
STEP5: リスクの評価

STEP 6 リスク対応計画の入力

STEP6: 対応計画の入力
  • 対応策の内容、費用や効果、担当、期限などを決定しツールに登録

STEP 7 対応とモニタリング

STEP7: 対応とモニタリング
  • 各対応策のタスクの実施状況を、リアルタイムで確認可能 必要に応じて担当者とのコミュニケーションを実施
  • アセスメントからリスク対応の運用管理をシームレスに実現

全社的リスクマネジメントISO31000準拠のERMツール

そのほか、製品に関しての詳しい内容やご質問などお待ちしております。
ERMT お問い合わせ

※1 ISO31000:2018 リスクマネジメントの国際規格で、組織がリスクマネジメントを行う際の指針を示している。2009年に発行され2018年2月に改定された。

※ 画面イメージは最新版と異なる場合があります。