Skip to content

【2018年6月22日】PCI DSSセキュリティフォーラム 2018

PCIにおける自動化アプローチとGRCコネクトのご紹介

日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)主催のPDI DSSセキュリティフォーラムにて、GRCSのコンサルタントが講演いたします。

 


 

PCI DSSセキュリティフォーラム2018 ~カード情報非保持化とPCI準拠支援~
  • 2020年に向けたクレジットカード情報の安全確立のため、 カード事業者は“実行計画”に基づき、カード情報を非保持にするか、PCI DSSに準拠することが求められています。
  • この“実行計画”の法的な裏づけとなる、割賦販売法の一部改正法が2018年6月に施行され、カード情報の安全管理は、加盟店にも直接の義務になります。アクワイアラーや特定の決済代行事業者(PSP)の登録制も始まります。
  • こうした流れの中、JCDSCでは、カード加盟店や通販企業、サービス・プロバイダーの皆さまの、PCI DSS準拠や非保持化を支援するため、このフォーラムを開催いたします。
 
開催要項

 

■日時:2018年6月22日(金)
    10時00分-16時40分 (受付開始9時30分)

■会場:東京国際フォーラム(有楽町駅前)

■地図:https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

■主催:日本カード情報セキュリティ協議会 (JCDSC)

■後援:(公社)日本通信販売協会(JADMA)
    (一社)日本クレジット協会 (JCA)

■参加費:無料(事前登録制)

 

セッション概要
03「PCIにおける自動化アプローチとGRCコネクトのご紹介」

PCI DSSの準拠および維持には多大な労力が必要です。本セッションでは、「自動化」という観点から、PCI DSS準拠活動、およびそれを含むセキュリティ活動全般について、小さな手作業の自動化から、業務プロセスの自動化まで、様々なアイデアをご紹介します。

■講師:株式会社GRCS
    グローバルコンサルティング部  川島 祐樹

■時間:11:10~11:50

■会場:東京国際フォーラム ガラス棟会議室G405

 

イベント詳細については こちら をご覧ください。

参加お申し込みは こちら