Skip to content

クラウド・セキュリティの調査:IT リーダーの 60%が安全性に自信を持てない|IoT OT Security News

本記事はサイバー・セキュリティに関するニュースを集めた情報サイト
IoT OT Security News」に掲載されている情報から
セキュリティニュースを一部抜粋してご紹介するものです。

記事詳細は下部に記載のURLよりご覧ください。

 

2022/07/21 HelpNetSecurity — Ponemon Institute の調査で明らかになったのは、さまざまなクラウドの導入が進みつつあるにもかかわらず、IT/セキュリティリーダーの 60%が、自社のクラウド・アクセスの安全性に自信を持っていないことである。The Global Study on Zero Trust Security for the Cloud は、世界中の約 1,500人の IT意思決定者/セキュリティ専門家を対象に行われ、クラウド環境のセキュリティ確保における問題点と、ゼロトラストセキュリティの手法が、いかにデジタル・トランスフォーメーションを可能にするかが調査された。

それぞれのユーザー組織は、多様なクラウド環境を保護する上で、多くの障壁に直面している。解決すべき上位の課題としては、ネットワークの監視や可視化 (48%)/社内の専門知識 (45%)/攻撃ベクトルの増加 (38%) /サイロ化したセキュリティ・ソリューション (36%) などが挙げられている。また、62%の回答者が、ランサムウェア/DDoS攻撃/インサイダー脅威/中間者攻撃などの、脅威のリスクを軽減するためのセキュリティ・ソリューションとしては、従来からの境界ベースではもはや不十分であると回答している。

クラウド・ネイティブな開発手法が広まるにつれ、回答者の 90%が今後3年以内に DevOps を、87% がコンテナを採用すると予想している。しかし、最新のセキュリティ手法は、それほど広まっていないと見られている。また、3分の1近くの組織が、IT セキュリティ/DevOps の間での連携が達成できていなく、大きなリスクを抱えていることも分かった。

このレポートでは、一連の課題に対処するためには Zero Trust Network Access (ZTNA) が有効であり、組織のクラウド化を加速することも明らかにされている。

・・・

 

 


IoT OT Security Newsとは

欧米やアジアのサイバー・セキュリティに関するニュースを集めた情報サイト
日々世界中のセキュリティ系サイトで発信される情報を和訳し記事化しています。

https://iototsecnews.jp/

 


 

 

today-top2https://www.grcs.co.jp/products/z-today