10.jpg

ニュース

ゲーム感覚で学ぶクラウド型セキュリティ教育コンテンツを教育機関向けに無料提供

Posted by GRCS | 2020/04/15 10:00:00

インターネット利用機会増加に伴う中高生の情報リテラシー向上を支援

 

株式会社GRCS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐々木 慈和、以下 当社)は、ゲーム感覚でセキュリティを学ぶクラウド型教育サービス「シンプラZ」の標的型・フィッシング詐欺対策コンテンツを教育機関向けに無料で提供いたします。休校措置等でオンライン学習やインターネットを利用する機会が増えている状況下において、生徒や教師がセキュリティに関して必要な知識をつけることで安全にインターネットを利用できるよう支援いたします。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い緊急事態宣言が発令されたことで、多くの教育機関で休校措置などが取られたことによりオンラインでの学習機会が増えるなど、外出自粛の状況と合わせて、生徒のインターネットの利用機会が急激に増えていると考えられます。インターネットを利用するうえでは、最低限の情報セキュリティリテラシーを習得しフィッシング詐欺やマルウェア感染などサイバーリスクの危険性を認識することが必要不可欠です。

当社は主に大学や企業向けにゲーム感覚で学べるクラウド型セキュリティ教育サービス「シンプラZ」を2013年より提供しています。九州大学をはじめとする教育機関での実績も豊富な「シンプラZ」を、今回教育機関向けに無料で提供することといたしました。今回提供するコンテンツは標的型攻撃やフィッシング詐欺について学べるもので、悪意のあるメールやWebサイトの見分け方、インターネットを利用する上での最低限のセキュリティ対策など個人で対策できる手段を手軽に学ぶことができます。

 

top-ningyo

 

■概要

  • 提供コンテンツ
     標的型・フィッシング詐欺対策「人魚姫を救え」
  • 提供機能
     正規版と同一のコンテンツを提供(受講者の成績管理機能の提供は除く)
  • 対象
     日本国内の中学校・高等学校および準じる組織または教育委員会
  • 申込方法
     以下の申込フォームより団体の代表者様によるお申込み
     https://www.grcs.co.jp/promotion/shimplaz
  • コンテンツ利用期間
     お申込み受領日より2020年5月6日まで(予定)



 

 

 

 

Topics: プレスリリース, セキュリティ

Written by GRCS