CSIRT MT 脆弱性Today

本当に使えるCSIRT管理ツール
インシデントと脆弱性を簡単管理

CSIRT管理ツール「CSIRT MT」と
脆弱性情報配信サービス「脆弱性TODAY」の連携で
CSIRT運用の高度化と工数削減を実現します!

CSIRT MT 脆弱性Today

インシデントと脆弱性管理の情報を一元化し、運用の高度化を支援!

CSIRTの活動を見える化する、
CSIRTのための管理ツールができました

CSIRT MT(シーサート MT)は、企業や組織内におけるCSIRT(Computer Security Incident Response Team)のインシデント対応と脆弱性対応およびその評価と改善を実現するためのクラウドアプリケーションです。
CSIRT MT
組織にとってクリティカルなCSIRT運用

高度化・自動化・見える化し課題を解決!

CASE : 1
インシデント対応の整備ができていない
「対応フローが未整備で、要員により品質が異なり、再発防止策の検討も不十分でした。」
実用的な管理項目とフローによる品質の統一化!
CASE : 2
脆弱性情報への対応が追いついていない
「自社資産とのマッチングが大変で、対応のトラッキングが十分にできていませんでした。」
要対応の脆弱性が自動表示・サーバ単位で進捗管理!
CASE : 3
経営層・グループ会社・グローバルの子会社との情報共有
「情報の吸い上げが出来ておらず、地域・時差・言語の壁もあり、思うように情報の共有ができておりませんでした。」
ダッシュボードでリアルタイム表示、クラウド・多言語対応!
CASE : 4
Excel・メールベースでのやりとりのため情報がバラバラ
「Excelでの管理やメールでのやりとりのため情報が統一されず対応のスピードが落ち、情報の蓄積とナレッジ化ができませんでした。」
メール自動連携、関連チャット・メールの一括管理!
「CSIRTの運用において組織内のインシデント対応状況の共有や、脆弱性情報の管理は不可欠な機能です。それらの機能を併せ持つ「CSIRT MT」の展開は、CSIRTの対応能力の向上に大きく寄与するものと期待しています。」
CSIRT研究者・一般社団法人CSIRTトレーニングセンター 代表理事 製品監修 満永拓邦氏
スピーディーな情報共有でCSIRTの活動を記録し見える化

A.グローバル企業(インシデント対応)

担当エリア内でのインシデントを報告(英語)
1、リージョンのCSIRTメンバーが、担当エリア内でのインシデントを報告(英語)
担当エリア内でのインシデントを報告(英語)
2、日本のCSIRTチームが、インシデントの状況把握·指示および案件Closeの承認を行う。

B.グループ企業(脆弱性対応)

担当エリア内でのインシデントを報告(英語)
1、親会社から定期的に脅威情報·脆弱性情報を提供
各情報に対して、自社での該当有無と、対応の進捗確認を実施し、親会社に報告。
2、子会社で各情報に対して、自社での該当有無と、対応の進捗確認を実施し、親会社に報告。
インシデントと脆弱性管理の情報を一元化

CSIRT運用に必要な
機能をサポート!

  • インシデント対応と脆弱性情報のハンドリングをチケット管理
  • ダッシュボードでCSIRTの活動状況を見える化
  • 代表的なインシデントの対応フローのサンプルがあらかじめ実装
  • 脆弱性情報を毎日、日本語で配信

    「脆弱性TODAY」は、セキュリティに精通した専門家が国内外の脆弱性情報を日々収集し日本語に翻訳してお届けするメール配信サービスです。

    「CSIRT MT」との連携で、脆弱性情報をスピーディーに取り込むことができ、予め登録した情報資産に関わる脆弱性を自動でマッチングすることが可能です。

脆弱性Today

標準テンプレート、ワークフローなどの機能を標準装備

CSIRT運用の一元化・見える化を
支援します!

各製品についての詳しい詳細は以下より

CSIRT管理ツールの決定版

インシデントと脆弱性管理の情報を一元化し、
運用の高度化を支援!

製品詳細はこちら
脆弱性情報日次配信サービス

脆弱性情報は「集める」から「送られてくる」時代へ
セキュリティ対応のスピーディー化を支援

製品詳細はこちら