Cb Defense

logo.png
次世代アンチウイルスと EDR を一本化したクラウド サービス プラットフォーム

Cb DefenseはNGAV(次世代アンチウィルス / Next Generation Anti Virus)とEDR(インシデントレスポンス/脅威ハンティング / Endpoint Detection and Response)の両方を実現するソリューションです。未知のマルウェアのみならず、マルウェアを使用しない攻撃もリアルタイムに検知し、可視化と対処を行うことができます。

cbd3.png

Cb Defenseの特長

test

検知・可視化・対応

独自ロジックによるリアルタイム攻撃検知と可視化、それに基づく自動的な対応を実現します。
軽量なアーキテクチャ

軽量なアーキテクチャ

攻撃の検知および対応可否の判断はクラウドで実側で実行されるため、エンドポイントのリソースをほとんど使わず軽量です。
市場での高い評価

市場での高い評価

発売以降の市場や外部機関の評価が高く、海外市場で導入が急速に進みシェアを伸ばしています。
検知・可視化・対応

検知・可視化・対応

独自技術ストリーミングプリベンション

単にマルウェアなど攻撃者から送られたデータを評価するだけでなく、その後に連鎖的に発生したイベントの繋がりから攻撃を検知します。ファイルレス攻撃もカバーするため検出率が高く、フォールスポジティブ(誤検知)も少ないのが特長です。

test
cbd55.png

軽量なアーキテクチャ

アーキテクチャ

アクティビティの解析とレスポンスの実施の判断・命令はクラウド側で行うため、エンドポイントの負荷が非常に軽くなっています。
※CPU/ディスク/ネットワークの使用量1%程度

test
cbd66.png

市場での高い評価

評価と実績

Cb Defenseの評価およびCarbon Black社の導入実績は以下の通りです。

  • Carbon Black社製品はフォーチュン100の30社を含むグローバル3600社が導入
  • 1300万台以上のエンドポイントを保護
  • Cb Defenseは、以下の評価を獲得
    Gartner社のレポートにおいて、Magic Quadrant for Endpoint Protection Platformsの領域で、 Visionaryを獲得
    Forrester/Endpoint Security Suite, Q4 2016でリーダーに選出
    IDC/ベンダーアセスメント(STAP部門)でマーケットリーダーと評価

コンサルティングサービス

GRCSでは、Cb Defenseについて以下のサービスをご提供しています。

サービス項目 サービス内容 備考
1 PoC 導入前にご要件をお伺いしてシナリオの策定を行い、実機にてPoCを実施して効果を確認するとともに、既存アプリケーションとの競合等を確認します。 導入前1回
2 導入支援 要件ヒアリングの後、ポリシーの設計を行います。導入手順を確立し、導入後の初期対応の支援を行います。
3 運用アドバイザリ 定期的にリモートから、Cb Defenseのダッシュボードへアクセスします。もし注意すべきインシデントの兆候や痕跡、レスポンス履歴等を発見した場合は、根本対策案を踏まえたサマリーレポートを作成してご提出いたします。 週1~5回
※頻度はご相談の上対応いたします