Interview

2018年入社

菊池 智之

GRCセキュリティ本部 セキュリティサービス部 セキュリティコンサルタント

Tomoya Kikuchi

菊池さんが【GRCS】の仕事を選んだ経緯をお教え下さい。

前職ではサーバーインフラやストレージシステム、ハードウェアなどを扱い運用や設計の業務を担当していました。
当時ランサムウェアが流行ったことからインフラを扱う立場としてもセキュリティの重要さを思い知り、今後セキュリティは主流になっていくのではと考えたことからセキュリティ業界への転職を意識し始めました。
転職について相談した相手が偶然【GRCS】へ転職しこの会社を勧めてくれたことがきっかけで応募に至りました。

入社の決め手は、面接の雰囲気でした。
会社のことを丁寧に説明してくれ、待ってますと言っていただいたことや、新しいことへ挑戦できる環境があるとわかり、ここで挑戦してみたいと感じました。

また、当社の事業領域がその当時はよくわかりませんでしたが、それはすなわちこの会社独自の事業領域であり、これから【GRCS】がこの領域における代名詞になっていくということだと捉えました。
エンジニアという範囲を越えてキャリアを構築していきたいという思いもあったため、セキュリティの仕事に従事しつつもその先にGRC領域でキャリアを築ける環境にも魅力を感じました。

菊池さんが【GRCS】の仕事を選んだ経緯をお教え下さい。

現在の仕事内容を教えて下さい。

サードパーティ製セキュリティ製品の導入にプロジェクトマネージャーとして携わっています。
製品をお客様の環境に合ったかたちに設計し作り上げていくという意味では前職と流れは変わりませんが、セキュリティはお客様が実現したいことが明確になっているため、それを提供できることへの達成感は強く感じます。

私が入社以降担当してきた製品は、その当時は市場においても新しい製品ばかりでした。転職前は新しいことにチャレンジしたいという気持ちはあっても、全面に出て実行するタイプではありませんでしたが、信頼して任せてくれる会社の環境、そしてチームのサポートがあるからこそ取り組めたと思います。 おかげで業界においても稀有なスキルを身につけることができました。

PMとしての仕事だけでなく、プリセールス活動や時には担当する製品を紹介するセミナーに登壇することもあります。以前は人前に出るようなことはほとんどなかったのですが、この会社の環境が自分をそのように変えたのだと自己成長を感じています。

現在の仕事内容を教えて下さい。

【GRCS】で実現できたことはありますか?

自分のスキルや、活躍できるフィールドがとても広がったと思います。
現在は製品の提案から導入、運用までをお客様との関係を切らさずに担当することができています。一人がここまで広く担うことは珍しいと思いますが、自分自身にとっては非常にプラスになっています。

そういう意味では【GRCS】の文化は私に合っていると思いますし、このようにフィールドを広げていける環境が整っています。

ここではやりたいと手を挙げたことを任せて見守ってくれ、それがよかったか悪かったかよりもまずは動いたことに「ありがとう」と言ってもらえます。
そのため自ら振り返り考えることに積極的になり次に繋げる、といういいスパイラルが生まれています。チャレンジしたい人にはとても向いている土壌です。

社内全体に活発な空気を作っていくことも、今後の自分の仕事なのではないかと考えています。

【GRCS】で実現できたことはありますか?

プライベートで大切にしている時間は?

子供と過ごす時間を一番大事にしています。 以前会社に連れてきたことがきっかけで私の仕事に興味を持ってくれるようになったため、徐々にではありますが仕事をわかってもらおうと働きかけています。いまは「パソコンの中の悪い虫を退治してるんだよ」と教えています。

私自身、子供の頃から地図が好きだったので、今は子供と一緒にGoogle Mapを使って目当てのお店までの道を辿ったりとバーチャルお散歩を楽しんでいます。
実際に外に出てお散歩をするときにはポストを探して歩き帰ってから地図で確認したりと、自分の趣味を子供を一緒に楽しんでいます。

プライベートで大切にしている時間は?

【GRCS】だからこそ可能な働き方とは?

【GRCS】だからこそ可能な働き方とは?

発展途上であるがゆえに会社とともに成長することが社員一人ひとりに求められています。そのため、自分自身の成長が会社の成長に貢献できていると感じることができますし、そのようなチャンスがある会社です。

社内の風通しがよく、上下関係を意識することなく意見をすることができるので、双方でコミュニケーションを取りながら会社を作っていくことが可能な環境です。