Interview

2018年入社

二田 哲也

セキュリティサービス部 シニアコンサルタント

Tetsuya Futata

二田さんが【GRCS】の仕事を選んだ経緯と現在の仕事内容をお教え下さい。

実は前職はホテルに12年間勤務していました。

当初コンシェルジェなどの接客業務を希望していましたが入社3年目から情報システムを担当することになりまったく未知の部分を、自分自身で開拓することになりました。

転職を考えた時に、仕事が細分化され限定的に携わる環境よりも企画立案から実施までプロセスすべてにかかわることができ、ある程度自分の裁量で行えるような、自分が成長できる環境に身を置きたいと考えました!

また、これまで培った経験やスキルをどこまでいかせるか?
というチャレンジ精神からIT系企業に視野を向け、転職を決めました。

【GRCS】への転職にあたっては、面接・内定から選定するまでに社長をはじめお会いした社員の方々は、自分にはない経験や知識を持った方が多く一緒に働きたいと思いました。先輩社員との面談を通じて会社についてもお聞きすることができ、自分が参画するプロジェクトの内容についても具体的な説明があり、自分に求められる役割等、入社後のイメージ持つことができたことも決め手となりました。

現在の仕事内容はCISO支援のコンサルティング業務及び新サービス企画、プリセールス業務を担当しています。

また、所属する部署での仕事としてセキュリティ製品の検証・販売・運用支援等も行っています。

企画やセールスに関しては経験のないことなので学ぶべきことが多いと感じています。

前職はユーザ企業側にいた経験があるとのことですが、転職後一番に感じたことは?

会社の特徴として社長をはじめ役員たちの経営判断が早いと感じました。

前職では仕事をすすめる上で、多くの部署を経由し多くの時間を費やすことに疑問を感じる部分もありましたが、現職では社長をはじめとする上司たちがフレキシブルにその場で判断し結論をだし方向性を示してくれるため働きやすい環境です。

結論や方向性を示す一方、こちらからの提案を受け容れてもらえる環境でもあります。

また、セキュリティ業界での豊富な実績や様々なスキルを持った社員が多いため、学ぶことが多く刺激になります。

意見、主張する人が多いところも【GRCS】社員の特徴といえるのではないでしょうか?

両者の目線で向き合うことで得られた仕事に対する手ごたえなどあればお教え下さい。

ユーザ企業側での経験から、細部に気が付くことができることとお客様目線で最適解を提示できることは強みだと感じています。

入社してまだ日は浅いのですが、提示された課題の裏側を自分なりに解釈しイメージすることで、当初予定された計画とは異なる提案をすることにより、お客様の課題解決に繋げていけた事例もあります。

二田さんが取り入れている会社の制度や福利厚生などに関して教えてください。

日々進化するこの業界では、常に学ぶ姿勢は必要とされており他社員も資格取得に前向きです。

自分自身も“資格取得奨励金制度“を利用し情報処理安全支援士などの資格を近々取得する予定です。

また在宅勤務、サテライトオフィスの使用などは早速活用しており弊社は多様な働き方が可能だと思います。
フレックス・有休なども取りやすく働きやすい環境です。

プライベートで大切にしている時間は?

趣味の時間を大切にしています。
旅行、フットサル、スポーツ観戦(野球/サッカー)食事等。

先にあげた会社の制度を利用して、趣味の時間や人と会う時間などを楽しめる余裕がより増えました。

【GRCS】だからこそ可能な働き方とは?

何かしらの長所・実績を持った個の集合体の会社であり「新しいことに挑戦するチャンス」「チャレンジできる環境」が整っていると感じています。

私の場合だと、GDPRの施行に合わせた新たなビジネスモデルの企画、プリセールスセミナーでの講演等、早速チャレンジさせてもらってます。

入社まもなくても、あらゆるチャンスやチャレンジする機会を得られることも【GRCS】ならではだと感じています。